グルコサミン 必要量

グルコサミンの必要量について

グルコサミンは軟骨成分とも呼ばれている成分で、膝や腰などの動きに大きく関与しています。

しかし加齢とともに減少していくため、サプリメントなどで補給する方が良いと言われているんです。
では、一日の必要量としては、だいたいどれくらいが目安なのでしょうか。

一般的に言われているのは、一日に1500mgの摂取量があれば必要量を満たすとされています。
ただ、一度に一日の必要量すべてを摂るのではなく、一日に2回あるいは3回に分けて必要量を摂ると良いでしょう。

また、グルコサミンはコンドロイチンと一緒に摂り入れるとより効果的と言われているので、コンドロイチンのサプリメントを併用することもおすすめです。

アレルギーについて

では、グルコサミンを毎日摂取したり多く摂り過ぎることでアレルギーなどは起きないのでしょうか?

グルコサミンのサプリメントの多くはエビやカニの殻から作られているものが多いんです。
グルコサミン自体にアレルギー反応が出なくても、この原料となっているエビやカニのアレルギーがある人の場合には摂取する前に必ず医師に相談をするようにしましょう。

もし心配な人は、甲殻類が原料になっていないサプリメントもあるので、まずは原材料の確認を第一に行いましょう。

副作用について

グルコサミンの摂取量を、毎日必要量以上に摂ってしまうと副作用などの問題はあるのでしょうか?

現在、グルコサミンの摂取に関して副作用や過剰摂取による問題などは報告されてはいません。
もともと原材料が食品に近い成分でもあるため、摂り過ぎても問題は無いと思われます。

しかし、この成分はアミノ酸で構成されているため重い腎臓病などを患っている方は医師への相談が必須となります。
また、摂取していてお腹の調子が悪くなったり胸やけ、吐き気、消化不良や胃痛などを感じた場合には、すぐに摂取することを止めて医師への相談をしてみる方が良いでしょう。